競艇予想するうえで感じた口コミ・評価

競艇に限らずレース予想は、予想紙のデータを参考に予想をするのが一般的。

しかし、どんなギャンブルも思った通りにならないものです。

競艇の場合は整備力、旋回力、スタート力とよく言われますが、展示航走を見ても、どれがいいのか素人目にはよくわからな事の方が多いと思います。

さて舟券を買う時、3連単で買うのか、二連単、そのた諸々考えこんだ挙句、A1選手から何点か買って、予想通りくれば配当が安く当てただけで、さほどのプラスにもならず、無印の選手を買う勇気もなく、同じ買い方を続けて、結局、手元に何も残らないことの方が多いですね。

確かにB2選手に混じってG1級の選手が中に入り、気力が同じであれば、確率的にB2選手に勝ち目はないですが、何百何千のレースを経験すると単なる勝率やクラスだけでは、判断できないような選手がお気に入りとして記憶に残ってきます。

2コースから外は全くダメな選手でも、インを走らせると走る選手がいます。

それは勝率3点台でも買い目になり、意外に善戦して着に残り、中穴程度の配当になることが多いです。

つまり勝率や選手のクラスだけで買っても、舟券の面白さもなければ、その時点で大きな負け方をしたくない保険をかけようとしている実につまらない買い方をしていると思います。

G1級の選手でもに二三番手で競ると内側ばかり締めこんで、マークを外して差される下手な選手もいます。

ある程度レースのイメージが出来上がるのは、それぞれにレーススタイルがあって、曳き波を全速で乗り越える身体的なバランスのある選手がより着内に入ってきます。

モンキーターンターンなどは、昔はなかった時代もありました。

さておすすめの舟券の買い方ですが、男らしく一点買いなどはやめましょう。

イン逃げと決めたら2・3着を3点 1000円買うなら6000円です。

4コースからまくりが決まると予想したら5・6コースのまくり刺しのできる選手も頭に、1着3点2着3点3着2点の18通りで買います。

これは荒れ予想であったり、そろそろなにかやらかしそうな気配の選手がいる場合ですが、そこに女子レーサーがいても買います。

18点買って2000円程度の配当では、元が取れたと思わず負けと思うことです。

そのぐらい人間臭いのが競艇です。

インを買ってれば何とかなると思っていても、一日で2~3回しか来ない日もあります。

外まくりが届かない競艇場もありますが、何が起こるかわからないのもギャンブルの魅力です。

お金を投入したら捨てたお金と思って思い切った舟券を買いましょう。

一日勝ったから次の日も勝てるパターンは少ないですね。

印象に残るレースと選手を記憶して蓄積した特性を生かしましょう。